所持論文・その他一覧

indexに戻る 歴史書庫TOPへ戻る

このページでは、私が図書館等で複写して所持している各種論文他を紹介します。
(2012.7.31現在)

 表      題 著 者 出  典 出  版  年
  日  本  史
「岩松家系附録序説考」 森原 章 『愛知学芸大学研究報告 人文科学』第3号 1954年
「皇帝へのあこがれ―足利義教期の室町殿行幸にみる」 橋本 雄 『アジア遊学』第122号 2009年
「社会科の教育実践」 川島啓一 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成11年度普及啓発セミナー 2000年
「近世のアイヌ民族史」 田端 宏 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成13年度普及啓発セミナー 2002年
「シャクシャインの蜂起とその周辺」 浪川健治 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成13年度普及啓発セミナー 2002年
「北東アジアの中のアイヌ」 菊池 勇夫 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成13年度普及啓発セミナー 2002年
「道東アイヌの歴史―クナシリ・メナシの戦いを中心に」 川上 淳 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成14年度普及啓発セミナー 2003年
「東アジアの中の蝦夷地」 紙屋 敦之 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成14年度普及啓発セミナー 2003年
「中世北方史―「新羅之記録」を脱構築する―」 入間田宣夫 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成14年度普及啓発セミナー 2002年
「アイヌ史の学習にチャレンジ」 平山裕人 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成17年度普及啓発セミナー 2005年
「留萌地域のアイヌ文化―少ない情報から探る地域のアイヌ文化―」 福士廣志 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成17年度普及啓発セミナー 2005年
「稲田家臣団の静内郡移住について」 山田一孝 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成19年度普及啓発セミナー 2007年
「発掘調査からわかってきた厚真のアイヌ文化」 乾 哲也 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成20年度普及啓発セミナー 2008年
「アイヌ文化 見て学んで―学校教育におけるアイヌ民族学習―」 清水裕二 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成20年度普及啓発セミナー 2008年
「史料紹介 秋田藩の系図史料について―系図史料の整理と系図目録の編集―」 佐藤 隆 『秋田県公文書館研究紀要』第7号 2001年
「麻生の名門三好家について」 高野嘉 『麻生の文化』第11号 1979年
「源姓三宅氏中興家伝」   『天草史談』第6号 1936年 
「細川家同族天草長岡家系譜(上)」   『天草史談』第7号 1937年 
「細川家同族天草長岡家系譜(下)」   『天草史談』第8号 1937年 
「松前殿様物語」
 @ 始祖 武田信広
 A 二世 蛎崎光広
 B 三世 蛎崎義広
 C 四世 蛎崎季広
 D 五世 松前慶広
 E 六世 松前盛広
 F 七世 松前公広
 G 八世 松前氏広・九世 松前高広
 H 十世 松前矩広・十一世 松前邦広
 I 十二世 資広・十三世 道広・十四世 章広
 最終回 十五世から十九世まで
須藤隆仙 『月刊イズム』第2巻第1号〜第12号(第9号を除く) 1991年
「交代寄合「伊那衆」について」 竹村雅夫 『伊那』第17巻第4号(第491号) 1969年
「高家としての今川氏」 進士慶幹・村磯栄俊 『今川氏と観泉寺』 1974年
「「交代寄合」考」 西田真樹 『宇都宮大学教育学部紀要』第36号 1986年
「「人事」の日本史第26回戦国編 織田信長が望んだ肩書」 山本博文 『週刊エコノミスト』第82巻20号(通号3679号) 2004年
「交代寄合三河衆中島家について―吉田・田原両藩主との交流を中心として―」 西田真樹 『桜花学園大学研究紀要』創刊号 1998年
「系譜にみる近世の公家社会―養嗣子の出自を中心に」 久保貴子 『大倉山論集』第47号 2001年
「塙団右衛門直之の子孫」 田村紘一 『大阪歴史懇談会 会報』第6号 1985年
「徳川家康の異母兄弟」 新行紀一 『岡崎市史研究』第11号 1989年
「備中守護の細川氏について」 藤井駿 『岡山大学法文学部学術紀要』第10号 1958年
「細川興孝と刑部家の成立の事情」 花岡興輝 『落穂』第57号 1997年
「摂津尼崎に勝頼遺児の消息」 野澤公次郎 『甲斐路』第45号 1982年
「水戸徳川家における武田遺臣について」 早川春仁 『甲斐路』第85号 1996年
「戦国〜豊臣期における長宗我部氏の一族―香宗我部氏を中心に―」 平井上総 『海南史学』第41号 2003年
「淀殿の弟 ―浅井作庵と京極家―」 直井武久 『香川県文化財保護協会 文化財協会報』昭和62年特別号 1987年
「戦国期の三浦氏」 黒田基樹 『神奈川地域史研究』第17号 1999年
「史論・松前安藤氏の興亡」 平山裕人 『からいどすこーぷ』第3号 2001年
シンポジウム「厚真から考える〜擦文期からアイヌ期へ」報告要旨 環太平洋・アイヌ文化研究所 編 『環太平洋・アイヌ文化研究』第8号 2010年
「下余市知行主斉藤系松前家のことども」 永田富智 『道史協支部交流会報 北の青嵐』第27号 1995年
「松前藩の参覲交代 南條長七郎日記による(一部)」 永田富智 『北の青嵐会員交流会報 北の青嵐』第166号 2008年
「斎藤玄蕃助利堯考―殺された筈の道三三男喜平治―」 松田 亮 『郷土研究・岐阜』第60号 1991年
「長井新左衛門豊後守藤原利隆―長井利政(道三)・同道利の実父―」 松田 亮 『郷土研究・岐阜』第73号 1996年
「浅井長政について」 久米忠臣 『郷土史杵築』第32号 1977年
「池田元助について」 武田茂敬 『郷土文化』第49号第2巻 1994年
「池田由之・元信について」 武田茂敬 『郷土文化』第50号第2号 1995年
「菊池系図の実態について」 森藤義信 『熊本史学』第66・67号 1990年
「六角氏系図の研究―六角義実の実在に関する考察―」 佐々木哲 『ぐんしょ』第12号 1991年
「左衛門侍従豊臣義康の出自について」 佐々木哲  『ぐんしょ』第29号 1995年
「赤松晴政の養子取りについて」 佐々木哲  『ぐんしょ』第37号 1997年
「『畠山家譜』にみえる六角義実、義秀について」 廣江正幸  『ぐんしょ』第60号 2003年
「織田氏における津田名字について」 山ア布美 『ぐんしょ』第66号 2004年
「堂上格・華族格に関する一考察―維新後の社家が懇望した身分について」 松田敬之 『藝林』第48巻3号 1999年
「遺跡速報 北海道厚真町 ニタップナイ遺跡―シャクシャインの戦い直前の動物儀礼―」 奈良智法 『月刊考古学ジャーナル』第575号 2008年
「織田信長の息女について」 渡辺江美子 『國學院雑誌』第89巻第11号 1988年
「江戸幕府の高家成立について―初期の職務をめぐって―」 大嶌聖子 『國學院大學大学院紀要』第25輯 1994年
「松前氏祖武田信広の出自について―従来の説の再検討と新しい可能性の提示― 和氣俊行 『国際日本学』第1号 2003年
「鎌倉・南北朝期における近江朽木氏の世代と所領」 加藤 哲 『国史学』第109号 1979年
「中世名族の末流 忍藩士畠山氏研究(一)―新発見の畠山系図とその検討―」 若松良一 『埼玉県立史跡の博物館紀要』第2号 2008年
「武衛斯波三松軒について」 大墅鴻風 『埼玉史談』第45巻第2号 1998年
「大道寺氏の研究」 田中えり子 『埼玉地方史』第11号 1981年
「新田義兼と足利義兼は同一人物か」 加藤克己 『在野史論 歴史研究会創立三十周年記念論文集』 1989年
「新・忠直卿行状記」 日吉憲城 『在野史論 歴史研究会創立三十周年記念論文集』 1989年
「室町幕府の外様衆」 秋元大補 『在野史論』第2集 1991年
「角館蘆名氏の動向」 籠島知宏 『在野史論』第2集 1991年
「前関白前久猶子異聞」 斎藤 馨 『在野史論』第2集 1991年
「関ヶ原の合戦と織田一族」 三浦明彦 『在野史論』第3集 1993年
「室町幕府の御供衆」 秋元大補 『在野史論』第3集 1993年
「羽柴河内守従四位侍従豊臣秀頼について」 森 秀郷 『在野史論』第3集 1993年
「室町幕府相伴集」 秋元大補 『在野史論』第4集 1995年
北の名門 浪岡御所北畠氏の興亡」 田島理人 『在野史論』第4集 1995年
「中世豪族岩城氏系譜の考察」 稲葉一男 『在野史論』第5集 1996年
「室町幕府番帳の成立年代集」 秋元大補 『在野史論』第5集 1996年
「源姓・平姓・藤原姓について」 小村孝治 『在野史論』第6集 1997年
「土佐一条家の紹介」 三輪篤史 『在野史論』第7集 1999年
「〈検証前野氏系図〉前野長康と坪内・前野氏系図」 早瀬晴夫 『在野史論』第8集 2000年
「山名氏の光芒」 井田敏子 『在野史論』第12集 2006年
「江戸幕府高家成立に関する一考察―将軍の霊廟参詣における職務をめぐって―」 大嶌聖子 『史学研究集録』第19号 1994年
「近世分家大名の課役に関する一考察―萩藩毛利家と分家の事例から」 来見田博基 『史泉』第100号 2004年7月
「肥後人となった足利末裔」 小田省二 『史叢』第3号 1999年
「系図史料にみる大名池田家の出自と摂津 ―池田恒興の摂津支配についての一試論―」 小林将司 『史叢』第77号 2007年
「近世宇和島藩伊達家の家格問題―「御直請一件」・「中将・少将座着一件」をめぐって」 倉持 隆 『史料館研究紀要 第32号』 2001年3月
「上杉謙信の家督継承と家格秩序の創出」 片桐昭彦 『上越市史研究』第10号 2004年
「交代寄合本堂氏と志筑―秋田から来た武将―」 千葉隆司 『常総の歴史』第37号 2008年
「細川幽斎の出自について」 土田将雄 『上智大学国文学論集』第15号 1982年
「紀州徳川藩の筑紫氏について」 西依祥一 『少弐氏と宗氏』第20号 1993年
「参勤交代する旗本」 平山敏治郎 『人文研究』第7巻第8号 1956年
「細川昭元について―京兆家の没落過程を見る―」 吉井功兒 『政治経済史学』第263号 1988年
「吉良氏朝の系譜」 黒田基樹 『戦国遺文月報6 後北条氏編第6巻』 1995年
「最後の阿波屋形細川真之」 吉井功兒 『戦国史研究』第16号 1988年
「『鹿苑日録』に見る六角義実の事績」 佐々木哲 『戦国史研究』第20号 1990年
「その後の白井長尾輝景」 黒田基樹 『戦国史研究』第29号 1995年
「天文期六角氏の系譜の研究―六角氏綱の子孫の実在について―」 佐々木哲 『戦国史研究』第30号 1995年
「武蔵千葉氏補考」 黒田基樹 『戦国史研究』第32号 1996年
「常陸佐竹氏における官途」 木下 聡 『戦国史研究』第48号 2004年
「室町・戦国期の下野那須氏に関する一考察―特に代替わりを中心に―」 佐藤博信 『戦国史研究』第55号 2008年
「上総武田氏の基礎的検討」 黒田基樹 『袖ヶ浦市史研究』第6号 1998年
「三経及び太田城のこと」
「越前多賀谷氏」
「羽後多賀谷氏」
古沢一朗 『多賀谷氏の史的考察 , 戦国期常陸国下妻城主』(崙書房) 1977年
「「武田家臣団の系譜」の研究について」 服部治則 『武田氏研究』第10号 1993年
「上杉景虎の政治的位置―越相同盟から御館の乱まで―」 櫻井真理子 『武田氏研究』第28号 2003年
「武田家の高家登用とその背景」 大嶌聖子 『武田氏研究』第32号 2005年
「北海道における封建制諸段階設定への一試論」 海保嶺夫 『地方史研究』第22巻5号 1972年
「「無高大名」松前藩と石高制」 海保嶺夫 『地方史研究』第27巻1号 1977年
「「夷千島王」の対朝鮮交渉―幕藩制成立以前における夷千島・扶桑・朝鮮王国の「国」意識―」 海保嶺夫 『地方史研究』第32巻6号 1982年
「鎌倉期の武田氏―甲斐武田氏と安芸武田氏」 黒田基樹 『地方史研究』第38巻1号 1988年
「松前藩と石高制―他民族支配体制とのかかわりにおいて―」 海保嶺夫 『地方史研究』第41巻4号 1991年
「宇和島藩主伊達村候と仙台藩―寛延2年本家・末家論争を中心に」 倉持 隆 『地方史研究』第51巻1号 2001年2月
「漂白の戦国武将二人の伊達与兵衛―『駿河伊達系図』から―」 長倉智恵雄 『地方史静岡』第11号 1983年
「下国氏と松前氏―系譜編纂における一つの可能性―」 工藤大輔 『中央大学大学院研究年報』第26号文学研究科篇 1997年
「和泉守護細川氏の系譜をめぐる諸問題」 森田恭二 『帝塚山学院大学人間文化学部研究年報』第2号 2000年
「最後の岐阜城主・織田秀信終焉の地とその子孫」 加納宏幸 『天下布武』第13号 2000年
「蠣崎戦争と北部王家」 澤田光夫 『東奥文化』第70号 1999年
「室町幕府最末期の奉公衆三淵藤英」 金子拓 『東京大学史料編纂所研究紀要』第12号 2002年
「對馬宗氏の官途状・加冠状・名字状」 木下 聡 『東京大学日本史学研究室紀要』第10号 2006年
「墓所問題でさらにエスカレート 泥仕合化の旧松前藩当主継承問題」   『道新TODAY』第31巻第4号 2003年
「鎌倉期における那須氏の世系について」 入間田宣夫 『栃木県立博物館研究紀要 人文』第28号 2011年
「近世香宗我部氏の諸系統について 其の一 長宗我部系(一)」 香宗我部豁志 『土佐史談』第139号 1975年
「近世香宗我部氏の諸系統について 其の一 長宗我部系(二)」 香宗我部豁志 『土佐史談』第143号 1976年
「長曽我部盛親の末裔」 植田謙吉 『土佐史談』第143号 1976年
「近世香宗我部氏の諸系統について 其の一 長宗我部系(三)」 香宗我部豁志 『土佐史談』第144号 1976年
「土佐一条政親の晩年とその周辺」 和田松子 『土佐史談』第189号 1992年
「近世美濃における家臣団形成について―交代寄合高木氏の奉公人―」 原 昭午 『土地制度史学』第16号(第W巻第4号) 1962年
「『寛永諸家系図伝』収録「松前系図」の検討」 新藤 透 『図書館情報メディア研究』3巻2号 2005年
「織田秀信と二つの子孫」 加納宏幸 『中山道加納宿』第37号 2001年
「中世系図学構築の試み」 青山幹哉 『名古屋大学文学部研究論集』史学39(通号116号) 1993年
「中近世転換期の系図家たち」 青山幹哉 『名古屋大学文学部研究論集』第131号 1998年
「お殿様の出世―江戸幕府老中への道(1) 徳川四天王のその後(1) 岡崎藩本多家」 山本博文 』第38巻10号(通巻第418号) 2004年
「お殿様の出世―江戸幕府老中への道(2) 徳川四天王のその後(2) 庄内藩酒井家」 山本博文 『波』第38巻11号(通巻第419号) 2004年
「お殿様の出世―江戸幕府老中への道(3) 徳川四天王のその後(3) 高田藩榊原家」 山本博文 『波』第38巻12号(通巻第420号) 2004年
「お殿様の出世―江戸幕府老中への道(4) 徳川四天王のその後(4) 彦根藩井伊家」 山本博文 『波』第39巻1号(通巻第421号) 2005年
「お殿様の出世―江戸幕府老中への道(10) 大久保家の復権」 山本博文 『波』第39巻7号(通巻第427号) 2005年
「お殿様の出世―江戸幕府老中への道(11) 初代老中本多家のその後」 山本博文 『波』第39巻8号(通巻第428号) 2005年
「史料としての武鑑と江戸切絵図」 小川恭一 『日本古書通信 第61巻第11号』 1996年
「大名・旗本の事歴をたずねて」 小川恭一 『日本古書通信 第68巻第3号』 2003年
「大名・旗本の事歴をたずねて(2)近代の幕臣追跡」 小川恭一 『日本古書通信 第68巻第4号』 2003年
「慶長期大名の氏姓と官位」 黒田基樹 『日本史研究』414号 1997年
「戦国期下野那須氏の権力構造」 荒川善夫 『日本史研究』第466号 2001年
「部会ニュース〔日本史研究会〕中世史部会
 戦国期における朽木氏の領主支配と政治動向」
田中信也 『日本史研究』第534号 2007年
「室町政権と東アジア」 橋本 雄 『日本史研究』第536号 2007年
「武家と四職大夫」 木下 聡 『日本史研究』第549号 2008年
「中世後期道南十二館館主の出自をめぐって―河野氏・相原(粟飯原)氏の場合―」 和氣俊行 『日本の中の異文化』第1号 2005年
「寛政譜以降の幕府系譜書継について」 山本博文 『日本歴史』第443号 1985年
「豊臣政権期における松前氏の叙位・任官について」 春日敏宏 『日本歴史』第446号 1985年
「北海道・上磯町の中世館跡と近世台場跡」 森 靖裕 『日本歴史』第648号 2002年
「大道寺政繁と二人の子息」 佐脇栄智 『日本歴史』第663号 2003年
「武家官位にみる本・支藩関係―長門長府藩の位階昇進運動を素材として」 来見田博基 『日本歴史』第671号 2004年4月
「山内上杉氏における官途と関東管領職の問題」 木下 聡 『日本歴史』第685号 2005年
「加藤藤松正良の墓」 小野勝 『沼田万華鏡』第18号 1981年
「『歴史』を愉しむ …松前藩祖武田信広の出自から」 小笠原 実 『永(はるか) 福島町史研究会会報』第5号 2006年
「松前八左衛門泰広と十世藩主矩広」 金沢秀一 『永(はるか) 福島町史研究会会報』第5号 2006年
「松前家による系図作成の一齣」 工藤大輔 『弘前大学國史研究』第110号 2001年
「津軽・那須家の養子縁組・相続儀礼」 岡崎寛徳 『弘前大学國史研究』第116号 2004年
「常総諸藩小史 明治維新期に成立した志筑藩」 川俣英一 『茨城県総務部職員課 ひろば』10月号 1987年
「常総諸藩小史 志筑本堂氏領の助六一揆」 羽場里美 『茨城県総務部職員課 ひろば』10月号 1988年
「古代氏族の系譜について―ある大蔵省の先人鈴木真年の紹介―」 宝賀寿男 『大蔵省広報ファイナンス』第22巻10号(通巻254号) 1987年
「近世武家の通称官名の制約」 小川恭一 『風俗 第30巻第4号』 1992年
「寛政三年以降旗本家認定の改革…「永々御目見以上」の申渡…」 小川恭一 『風俗史学 第6号』 1999年
「未完の王権―十七世紀アイヌ民族の動向から―」 海保嶺夫 『季刊文藝』第29巻4号 1990年
「近世における戦国武士末裔の動向―高家大友氏と豊後侍末裔―」 芥川竜男 『法政大学教養部紀要』第54号 1985年
「渡党と秀吉政権―「エゾ」から「和人」へ」 海保嶺夫 『北海道開拓記念館研究紀要』第24号 1996年
「北方諸地域における古代・中世の要害遺跡」 右代啓視 『北海道開拓記念館研究紀要』第33号 2005年
「松前藩家臣の由緒書―『近藤家由緒書』について」 三浦泰之・東 俊佑 『北海道開拓記念館調査報告』第44号 2005年
「本堂氏の出自と家紋について」 森本弥吉 『北方風土』第46号 2003年
「浅井長政次男直政調査異聞」 野村義男 『真玉郷土研究会報』第6号 1985年
「武田信広の出自について―龍泉寺文書を中心として―」 寺西十糸子 『松前藩と松前』第5号 1974年
「「和人地」確立期における函館と松前―中世後期におけるアイヌ民族と本州系豪族との闘争によせて―」 海保嶺夫 『松前藩と松前』第5号 1974年
「幕末期の松前」 田端 宏 『松前藩と松前』第8号 1975年
「松前藩家臣団の成立―道南における中世的世界の解体過程―」 海保嶺夫 『松前藩と松前』第9号 1976年
「松前藩における職制の成立―延宝期から享保期までを中心に―」 海保嶺夫 『松前藩と松前』第10号 1977年
「松前城下・町年寄の職掌と機能―松前藩における城下町支配解明のための一考察―」 鈴江英一 『松前藩と松前』第11号 1977年
「「和人地」成立の諸段階」 海保嶺夫 『松前藩と松前』第11号 1978年
「北国郡代設置と北奥大名―村替・家格問題を中心に―」 菊池勇夫 『松前藩と松前』第16号 1980年
「松前藩成立期に関する一考察―家臣団編成を中心に―」 春日敏宏 『松前藩と松前』第19号 1982年
「松前藩知行制の成立―商場知行制をめぐる二・三の問題―」 春日敏宏 『松前藩と松前』第20号 1983年
「極北大名蠣崎氏の権力構造」 粕田敏宏 『松前藩と松前』第23号 1985年
「松前家家祖武田信廣の出自について=龍泉寺文書を中心として=」 永田富智 『松前藩と松前』第37号 1995年
「『蠣崎波響』考〜第一次直轄の中で〜」 内木 竜 『松前藩と松前』第37号 1995年
「淀殿実弟 浅井作庵」 大野正義 『まんだ』第16号 1982年
「〈講演会〉戦国期の三浦氏」 黒田基樹 『三浦一族研究』第7号 2003年
「明治維新の大名志願―明治初年に誕生した大名家について―」 里見和彦 『民俗と風俗』第18号 2008年
「柳澤家の系図編纂と武田家」 西川広平 『山梨県立博物館研究紀要』第3号 2009年
「豊臣「武家清華家」の創出」 矢部健太郎 『歴史学研究』第746号 2001年
「交代寄合衆について―備中成羽山崎氏の場合―」 市川俊介 『歴史教育』第10巻第12号 1962年
「上杉藩に三成の遺児 維新まで代々つづく」   『歴史研究』第11号 1960年
「蘆名吉祥丸末裔の消息」 伊藤朝次 『歴史研究』第420号 1996年
「軍記・覚書の成立事情に見る毛利一族」 今福匡 『歴史研究』第428号 1997年
「佐々木氏の基礎知識」 佐々木哲 『歴史研究』第448号 1998年
「戦国期上条上杉氏の実相」 今福匡 『歴史研究』第466号 2000年
「「旱虎」署名の謙信書状について」 今福匡 『歴史研究』第502号 2003年
「早雲の知られざる子息」 清水重久 『歴史研究』第506号 2003年
「武田勝頼滅亡以後の武田家」 渡辺世祐 『歴史地理』53巻2号 1929年
「制外の家 越前松平家の実像」 黒田基樹 『歴史読本』第45巻15号 2000年
わが家系を語る
「新田義貞の後裔 岩松家」
岩松清四郎 『歴史と旅』昭和58年1月号 1983年
わが家系を語る
「能登発祥の旧家 長家」
長 文連 『歴史と旅』昭和58年3月号 1983年
わが家系を語る
「阿波蜂須賀七人衆 牛田家」
牛田義文 『歴史と旅』昭和58年9月号 1983年
わが家系を語る
「関ヶ原敗者の一族 宇喜多家」
高山不二雄 『歴史と旅』昭和58年10月号 1983年
わが家系を語る
「源融発祥の華道家元 渡辺家」
渡辺華渓 『歴史と旅』昭和59年3月号 1984年
わが家系を語る
「室町将軍家の後裔 足利家」
足利峻 『歴史と旅』昭和59年5月号 1984年
わが家系を語る
「新田義貞の子孫の行方 新田家」
新田 等 『歴史と旅』昭和59年10月号 1984年
わが家系を語る
「全国に散居した肥後の名族 菊池家」
菊池秀之 『歴史と旅』昭和60年3月号 1985年
わが家系を語る
「讃岐十七万石大名の後裔生駒家」
細越弦二郎 『歴史と旅』昭和60年4月号 1985年
わが家系を語る
「大坂陣東軍勇士の一族 奥田家」
奥田秀久 『歴史と旅』昭和60年8月号 1985年
わが家系を語る
「応仁の乱 京都所司代の一族 多賀家」
多賀高朗 『歴史と旅』昭和60年9月号 1985年
わが家系を語る
「塙団右衛門の後裔 櫻井家」
櫻井 尚 『歴史と旅』昭和60年10月号 1985年
わが家系を語る
「郡上の文人城主東常縁の後裔 東家」
東 恭輔 『歴史と旅』昭和60年11月号 1985年
わが家系を語る
「無念の失脚、本多正純とその血脈 木村家」
木村日出明 『歴史と旅』昭和60年12月号 1985年
わが家系を語る
「生実藩一万石大名の後裔 森川家」
岩楯鉄司 『歴史と旅』昭和61年1月号 1986年
わが家系を語る
「鎌倉名門畠山氏の後裔 利根川家」
利根川信 『歴史と旅』昭和61年2月号 1986年
わが家系を語る
「家康を看取った久能山の神官榊原家」
榊原俊行 『歴史と旅』昭和61年8月号 1986年
わが家系を語る
「興福寺大乗院門跡の後裔 松園家」
松園 裕 『歴史と旅』昭和62年1月号 1987年
わが家系を語る
「後北条氏以前の小田原城主 大森家」
大森頼周 『歴史と旅』昭和62年2月号 1987年
わが家系を語る
「肥前竜造寺氏嫡流の出自 倉富家」
倉富四郎 『歴史と旅』昭和62年11月号 1987年
わが家系を語る
「青松葉事件に散った先祖 成瀬家」
田中繁男 『歴史と旅』昭和63年11月号 1988年
わが家系を語る
「甲斐源氏の末裔 市川家」
長谷川順音 『歴史と旅』平成元年3月号 1989年
わが家系を語る
「流鏑馬鎮西八郎為朝の末裔 大島家」
大島敬冶 『歴史と旅』平成元年10月号 1989年
わが家系を語る
「徳川幕府に殉じた高級旗本 大久保家」
川崎純子 『歴史と旅』平成3年12月号 1991年
わが家系を語る
「わが先祖はシーボルト 関口家」
関口忠志 『歴史と旅』平成5年3月号 1993年
わが家系を語る
「血塗られた祖霊の地城井谷を訪ねて 城井家」
城井睦夫 『歴史と旅』平成5年8月号 1993年
わが家系を語る
「伊勢戦国武将家三代流転の歴史 田丸家」
田丸辻郎 『歴史と旅』平成5年9月号 1993年
わが家系を語る
「会津藩に仕えた武田二十四将の末裔 内藤家」
菅野恒雄 『歴史と旅』平成6年1月号 1994年
わが家系を語る
「薩摩落ちした真田幸村の末裔 真江田家」
濱崎秀達 『歴史と旅』平成6年3月号 1994年
わが家系を語る
「「稲葉系図」混乱の謎 稲葉家」
清水勝也 『歴史と旅』平成6年9月号 1994年
わが家系を語る
「徳川旗本家の歴代系譜 諏訪家」
石川浩延 『歴史と旅』平成6年12月号 1994年
わが家系を語る
「東美濃 歌の殿様の系譜 東家」
東 醇 『歴史と旅』平成7年7月号 1995年
わが家系を語る
「平氏の流れを汲む武門の血脈 神戸家」
神戸潔 『歴史と旅』平成10年2月号 1998年
わが家系を語る
「戦国名将の系譜 謎の空白―白河真田家 真田家」
真田秀男 『歴史と旅』平成10年4月号 1998年
「武家官途としての左馬頭」 木下 聡 『歴史評論』674 2006年
「江戸時代の公家と武家―公家から武家への身分移動」 久保貴子 『早稲田大学教育学部学術研究 地理学・歴史学・社会科学編 第41号』 1992年
  城    郭
「神指城と関ヶ原―上杉景勝の城づくり―」 石田明夫 『会津若松市史研究』第3号 2001年
「北海道東部のチャシ」 豊原煕司 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成18年度普及啓発セミナー 2006年
「「和人地」に見るアイヌ文化
〜上之国館跡・勝山館跡周辺の出土品〜」
松崎水穂 アイヌ文化振興・研究推進機構 平成18年度普及啓発セミナー 2006年
「白老町のチャシと新発見の事例」 佐藤政憲 『アイヌ民族博物館だより』9 1985年
「北海道陸別町で発見した4つのチャシ跡」 石橋次雄・後藤秀彦 『浦幌町郷土博物館報告』第10号 1977年
「霧止山チャシ跡について」 後藤秀彦・佐藤芳雄 『浦幌町郷土博物館報告』第11号 1978年
「稲穂チャシ跡について―下頃辺川に面した単壕のチャシ―」 石橋次雄・後藤秀彦・佐藤芳雄・佐藤訓敏 『浦幌町郷土博物館報告』第12号 1978年
「浦幌町で発見したチャシ2例」 後藤秀彦 『浦幌町郷土博物館報告』第21号 1983年
「十勝太のチャシ跡について」 後藤秀彦 『浦幌町郷土博物館報告』第26号 1985年
「ニタトロマップャシから見たチャシの初源的形態」 後藤秀彦 『浦幌町郷土博物館報告』第38号 1991年
「穏内館の史的考察について」 永田智春 『穏内館―北海道福島町穏内館跡発掘調査報告―』 1973年
「学芸員の研究ノートから12 要害遺跡とは何か?その探究」 右代啓視 『開拓記念館だより』Vol.35 2006年
「北海道におけるチャシの形成・終焉とその背景に関する基礎研究」 鈴木琢也・右代啓視・村上孝一 『開拓記念館だより』Vol.37 2007年
「学芸員の研究ノート24 蝦夷地の松前氏」 笹木義友 『開拓記念館だより』Vol.38 2009年
「北海道におけるチャシの形成・終焉とその背景に関する基礎研究―根室市別当賀川口1号チャシ・別当賀川口6竪穴群の調査―」 鈴木琢也・右代啓視・村上孝一 『開拓記念館だより』Vol.39 2009年
「チャシ跡が示すアイヌ社会の繁栄―沙流川流域」 田端 宏 『季刊河川レビュー』第36巻2号 2007年
「音更川流域のチャシ」 辻 秀子・川辺百樹・北沢 実 『上士幌町ひがし大雪博物館研究報告』第12号 1990年
「北海道道央・道南地域のチャシについて」 酒井秀治 『行政社会論集』第15巻第3号 2003年
「釧路川水系の遺跡12 ―中流域のチャシ その1―」 豊原煕司 『釧路市立博物館報』No.386 2004年
「釧路川水系の遺跡13 ―中流域のチャシ その2―」 豊原煕司 『釧路市立博物館報』No.387 2004年
「釧路川水系の遺跡14 ―中流域のチャシ その3―」 豊原煕司 『釧路市立博物館報』No.388 2005年
「チャシの消滅期について」 川上 淳 『駒沢史学』第41号 1990年
「平取町のチャシ跡&遺物11 ニオイチャシ跡」   『沙流川歴史館だより』第14号 2004年
「沙流川流域のチャシ跡 〜その2〜 アベツチャシ跡」   『沙流川歴史館だより』第41号 2011年
「沙流川流域のチャシ跡 〜その3〜 ユオイチャシ跡」
「沙流川流域のチャシ跡 開催中です」
  『沙流川歴史館だより』第42号 2011年
「中川町共和チャシの地形測量調査報告」 右代啓視・鈴木琢也・松田敏孝・矢島弘章 『中川町自然誌博物館紀要 自然誌の研究』第7号 2005年
「道南の館について」 小沼健太郎 『史流』第18号 1977年
「ウナベツチャシ」 村田良介・松田功・荻野幸男 『知床博物館研究報告』第16集 1995年
「チャシ跡とアイヌ墓」(一部) 宇田川洋 『新北海道の古代3擦文・アイヌ文化』(北海道新聞社) 2004年
「土地を歩く(95)釧路、チャシと出会う」 八木美雄 『水道公論』第43巻2号 2007年
「浦臼町発見の四つのチャシ」 村上初三郎 『空知地方史研究』第4号 1970年
「茂別館跡についての考察―調査の中間報告―」 市村高男 『地域史研究はこだて』第32号 2000年
「日本の城(5)姫路城―兵庫・華麗なる世界文化遺産の城」 坂井尚登 『地図ニュース』第358号 2002年
「日本の城(7)モシリヤチャシ―釧路・アイヌの人々が築いた城―」 坂井尚登 『地図ニュース』第363号 2002年
「日本の城(11)新府城―山梨・武田氏最後の築城」 坂井尚登 『地図ニュース』第376号 2004年
「日本の城(12)神指城―福島・未完の巨城(付 向羽黒岩崎城・会津若松城)」 坂井尚登 『地図中心』第379号 2004年
「日本の城(15)杉山城―埼玉・土の芸術―」 坂井尚登 『地図中心』第388号 2005年
「日本の城(17)名古屋城―愛知・近世城郭の決定版」 坂井尚登 『地図中心』第394号 2005年
「日本の城(18)伏見城―京都・太閤の夢の跡」 坂井尚登 『地図中心』第397号 2005年
「日本の城(22)熊本城―熊本・清正公さんの城」 坂井尚登 『地図中心』第410号 2006年
「浦臼町で発見の四つのチャシ(1)」 村上初三郎 『チャシの里』第2号 1974年
「チャシに思う<札的チャシにて>」 白藤智万 『チャシの里』第2号 1974年
「北海道の館―縄張研究からの視点―」 八巻孝夫 『中世城郭研究』第5号 1991年
「城郭概念再構成の試み―チャシ・グスクを素材にして―」 村田修三 『中世城郭研究論集』(新人物往来社) 1990年
「北海道の城館」 松崎水穂 『中世の城と考古学』(新人物往来社) 1991年
「東北北半の城館―中世後期における―」 工藤清泰 『中世の城と考古学』(新人物往来社) 1991年
「グスクとその構造」 當眞嗣一 『中世の城と考古学』(新人物往来社) 1991年
「中標津町開陽チャシについて」 山宮克彦 『中標津町郷土館だより』第2号 1992年
「城郭史上のチャシ」 村田修三 『奈良女子大学文学部研究年報』第32号 1988年
「根室の遺跡分布とチャシ跡の紹介」 川上 淳 『根室市博物館開設準備室だより』No.1 1983年
「根室の遺跡分布とチャシ跡の紹介(2)」 川上 淳 『根室市博物館開設準備室だより』No.2 1984年
「史跡等の整備と活用―史跡松前藩戸切地陣屋 幕末蝦夷地にみる西欧式城郭跡」 森 靖裕 『月刊文化財』No.487 2004年
「史跡としてのチャシはどう活かされているか〜ユクエピラチャシを例に〜」 豊原熙司 『月刊文化財』No.493 2004年
「概説 北門鎖鑰論と戊辰戦争〜史跡はどう活かされているか〜」 久保 泰 『月刊文化財』No.493 2004年
「史跡上之国勝山館跡の利活用」 松崎水穂 『月刊文化財』No.493 2004年
「史跡利用の現状と今後の保存整備〜松前氏城跡 館城跡〜」 石井淳平 『月刊文化財』No.493 2004年
「幕末維新、北に生きた防人たち〜北海道最大の陣屋跡、史跡白老仙台藩陣屋跡の活用」 竹永 真 『月刊文化財』No.493 2004年
「新冠のチャシ跡について」 新川剛生 『文藝にいかっぷ』第28号 2010年
「白主土城の発掘調査―三年間の成果と課題―」 前川要 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「白主土城の国際研究に見る中世サハリン研究の諸問題と展望と戦略」 アレクサンダー・ワシレフスキー 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「白主土城をめぐる諸問題」 中村和之 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「沿海地方の中世の土城」 アレクサンダー・イブリエフ 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「渤海・女真の山城について」 小嶋芳孝 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「モンゴルの囲壁集落」 ダンディンスレン・ツェヴェンドルジ 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「廃墟の文明――元上都」 魏堅 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「北海道のチャシの様相」 宇田川洋 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「チャシ以前の防御的機能をもった遺跡について」 右代啓視 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「道南十二館」 千田嘉博 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「北の交易拠点としての道南十二館―千田報告へのコメントとして―」 小口雅史 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「防御的機能を持つ集落と社会」 井出靖夫 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「北方方形土城をめぐる諸問題―樺太白主土城現地調査報告をかねて―」 小口雅史 『北東アジア交流史研究―古代と中世―』 2007年
「北方諸地域における古代・中世の要害遺跡」 右代啓視 『北海道開拓記念館研究紀要』第33号 2005年
「稚内市増幌チャシの地形測量調査報告」 右代啓視・鈴木琢也・山田悟郎・平川善祥・村上孝一・添田雄二・為岡進 『北海道開拓記念館調査報告』第43号 2004年
「稚内市増幌川口2号チャシの地形測量調査報告」 右代啓視・鈴木琢也・山田悟郎・平川善祥・村上孝一・添田雄二・為岡進 『北海道開拓記念館調査報告』第44号 2005年
「稚内市泊岸1号・2号チャシの地形測量調査報告」 右代啓視・鈴木琢也・山田悟郎・平川善祥・村上孝一・添田雄二 『北海道開拓記念館調査報告』第45号 2006年
「浦臼町晩生内2号チャシの地形測量調査報告」 鈴木琢也・右代啓視・村上孝一 『北海道開拓記念館調査報告』第46号 2007年
「礼文町沼の沢チャシの地形測量調査報告」 右代啓視・鈴木琢也・山田悟郎・平川善祥・村上孝一 『北海道開拓記念館調査報告』第46号 2007年
「浦臼町晩生内1号チャシの地形測量調査報告」 鈴木琢也・右代啓視・村上孝一 『北海道開拓記念館調査報告』第47号 2008年
「根室市別当賀川口1号チャシ・別当賀川口6竪穴群の地形測量調査報告」 鈴木琢也・右代啓視・村上孝一 『北海道開拓記念館調査報告』第48号 2009年
「新冠町明和チャシ・万世チャシの地形測量調査報告」 鈴木琢也・右代啓視・村上孝一・新川剛生 『北海道開拓記念館調査報告』第49号 2010年
「千歳川流域のチャシについて」 乾芳宏・鈴木邦輝・岡部真幸・長谷部一弘・福田友之 『北海道の文化』38号 1977年
「「道南十二館」の現状」 森川 隆 『北海道の文化』第70号 1998年
「静内川周辺のチャシめぐり(二)」 地蔵慶護 『北海道れきけん』第67号 2008年
「湧別川筋の中上流のチャシコツについて」 伊藤せいち 『北方探究 Northerly Studies』第4号 2002年
「紋別のチャシコツ」 因幡勝雄 『北方探究 Northerly Studies』第4号 2002年
「市川一学松前築城につき申上候書付」 永田富智 『松前藩と松前』第7号 1975年
「紋別地方におけるチャシ―研究ノート―」 佐藤和利 『紋別郷土史研究会会報』No.40 1981年
「チャシ跡遺跡研究の動向」 宇田川洋 『歴史評論』657号 2005年
  東  洋  史
「『五族譜』モンゴル分支と『集史』諸写本」 赤坂恒明 『アジア・アフリカ言語文化研究』第55号 1998年
「トルキスタンの諸ハン国」 佐口透 『岩波講座世界歴史 第13』(岩波書店) 1971年
「キプチャク草原とロシア」 川口琢司 『岩波講座世界歴史11』(岩波書店) 1997年
「ポスト・モンゴル時代のモンゴル―清朝への架け橋―」 森川哲雄 『岩波講座世界歴史11』(岩波書店) 1997年
「トゥメト・十二オトク考」 森川哲雄 『江上波夫教授古稀記念論集 歴史編』(山川出版社) 1977年
「ティムール朝における一貴顕の系譜―chaku Barlas家の場合―」 間野英二 『オリエントVol.XX No.1』 1977年
「「魏の一族と馮氏―中国姓氏の中から―」 三原邦夫 『在野史論 歴史研究会創立三十周年記念論文集』 1989年
「チンギスの血脈〈黄金家族〉」 町井 譲 『在野史論』第10集 2002年
「ダヤン・ハガンの先世」 岡田英弘 『史学雑誌』第75巻第8号 1966年
「中期モンゴルのトゥメンについて―特にウルスとの関係を通じて―」 森川哲雄 『史学雑誌』第81巻第1号 1972年
「ドルベン・オイラトの起源」 岡田英弘 『史学雑誌』第83巻第6号 1974年
「14世紀中葉〜16世紀初めにおけるウズベク―イスラーム化後のジュチ・ウルスの総称― 赤坂恒明 『史学雑誌』第109巻第3号 2000年
『北魏の国号「大代」と「大魏」』 松下憲一 『史学雑誌』第113巻第6号 2004年
「「五族譜」と「集史」編纂」 赤坂恒明 『史観』第130号 1994年
「系譜史料におけるジュチの諸子に関する記載」 赤坂恒明 『史観』第142号 2000年
「ジュチ・ウルスの分封」 赤坂恒明 『史滴』第13号 1992年
「北魏の洛陽遷都」 松下憲一 『史朋』第32号 1999年
「元代華北のモンゴル軍団長の家系」 堤 一昭 『史林』第75巻第3号 1992年
「八旗蒙古の成立と新潮のモンゴル支配―ハラチン・モンゴルを中心に―」 梅山直也 『社会文化史学』第48号 2006年
「モンゴル帝国の継承国家について」 佐口 透 『月刊シルクロード』5巻8号 1979年
「モンゴル帝国とその継承国家」 岡田英弘 『地域文化研究』第2号 1997年
「モンゴル帝国とその後―キプチャク草原世界―」 川口琢司 『中央アジアを知るための60章』(明石書店) 2003年
「ティムール帝国―栄光と崩壊―」 川口琢司 『中央アジアを知るための60章』(明石書店) 2003年
「英雄叙事詩に見る歴史とフィクション―カルマクとの戦いと「ノガイ大系」―」 坂井弘紀 『中央アジアを知るための60章』(明石書店) 2003年
「チンギス・カンの子孫とムハンマドの子孫―「名家」の系譜―」 赤坂恒明 『中央アジアを知るための60章』(明石書店) 2003年
「カザフ・ハン国―ロシアと清朝のはざまで―」 野田仁 『中央アジアを知るための60章』(明石書店) 2003年
「中国ムスリム大反乱とコーカンド・ハン国―ヤークーブ・ベグの時代―」 新免康 『中央アジアを知るための60章』(明石書店) 2003年
「トカ=テムル裔の系譜情報の復元」 赤坂恒明 『中央ユーラシアにおける民族文化と歴史像』(東北大学東北アジア研究センター) 2003年
「チャガタイ・ハン家の末裔と清朝」 佐口透 『東西文化交流史』(雄山閣出版) 1975年
「カシュガル=ホージャ家の後裔」 佐口透 『東洋学報』第42巻第4号 1960年
「ダヤン・ハガンの年代(上)」 岡田英弘 『東洋学報』第48巻第3号 1965年
「ダヤン・ハガンの年代(下)」 岡田英弘 『東洋学報』第48巻第4号 1966年
「ハルハ・トゥメンとその成立について」 森川哲雄 『東洋学報』第55巻2号 1972年
「チャハル・八オトクとその分封について」 森川哲雄 『東洋学報』第58巻第1・2号 1976年
「十七世紀清朝帰属時のハルハ・モンゴル」 宮脇淳子 『東洋学報』第61巻第1・2号 1979年
「チャハルのブルニ親王の乱をめぐって」 森川哲雄 『東洋学報』第64巻第1・2号 1983年
「十五世紀初頭のモグーリスターン―ヴァイス汗の時代―」 間野英二 『東洋史研究』第23巻第1号 1964年
「オルドス・十二オトク考」 森川哲雄 『東洋史研究』第32巻第3号 1973年
「アミール・ティムール・キュレゲン―ティムール家の系譜とティムールの立場―」 間野英二 『東洋史研究』第34巻第4号 1976年
「「金帳汗国」史の解体―ジュチ裔諸政権史の再構成のために―」 赤坂恒明 『内陸アジア史研究』第19号 2004年
「明初の東チャガタイ=ハン国」 松村 潤 『日本大学史学会研究彙報』第7輯 1964年
「13世紀後半のキプチャク汗国とロシア―汗国史へのエチュード(1)―」 加藤一郎 『文教大学教育学部紀要』第19号 1985年
「トフタムイシ汗とキプチャク汗国の解体―汗国史へのエチュード(4)―」 加藤一郎 『文教大学教育学部紀要』第26号 1992年
「カシュガル・ハーン家とベグ達」 澤田 稔 『待兼山論叢』史学編第15号 1981年
「清の太祖奴児哈赤と東部蒙古」 田中克己 『蒙古』12号(通号94号) 1940年
「モンゴルの中原撤退―弱体化する帝国―」 金岡秀郎 『モンゴルを知るための60章』(明石書店) 2000年
「シナにおける漢の復権―元朝の滅亡とモンゴルのシナ喪失―」 金岡秀郎 『モンゴルを知るための60章』(明石書店) 2000年
「元朝復活のこころみ―分裂と統一の時代―」 金岡秀郎 『モンゴルを知るための60章』(明石書店) 2000年
「アルタン・ハーンとフフホトの起源―漢とモンゴルの接点―」 金岡秀郎 『モンゴルを知るための60章』(明石書店) 2000年
「リグデンと内蒙古の成立―最後の大ハーン―」 金岡秀郎 『モンゴルを知るための60章』(明石書店) 2000年
「ハルハの形成―現代モンゴルの17部族の筆頭―」 金岡秀郎 『モンゴルを知るための60章』(明石書店) 2000年
「ハルハの清朝帰属―外蒙古の成立―」 金岡秀郎 『モンゴルを知るための60章』(明石書店) 2000年
「清代モンゴル人の民族意識―清の同盟者か被征服民か―」 金岡秀郎 『モンゴルを知るための60章』(明石書店) 2000年
「ハルハ・モンゴルの独立―清朝の動揺にいち早く反応―」 金岡秀郎 『モンゴルを知るための60章』(明石書店) 2000年
「コーカンド汗国の勃興と東方貿易―フェルガナ,パミール,カシュガル辺境史の展開(1760〜1860)T―」 佐口 透 『ユーラシア学会研究報告 遊牧民族の研究 自然と文化別編U』 1955年
「『五族譜』モンゴル分支と『集史』の関係」 赤坂恒明 『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第41号 1995年
  西  洋  史
「後期ビザンツ地方行政と専制公、尊厳公、副帝称号」 平野智洋 『オリエント』第44巻第1号 2001年
「コムネノス家―十一世紀ビザンツ軍事貴族家門の相貌―」 根津由喜夫 『金沢大学文学部論集 史学・考古学・地理学篇』第20号 2000年
「カペー家ブルゴーニュ領邦創設をめぐる一考察―1015年1月25日付フランス王ロベール2世の文書を手がかりに―」 松田高史 『九州共立大学経済学部紀要』第92号 2003年
「ビザンツ法小史―ビザンチン帝国におけるローマ法―」 戸倉広 『国士舘法学』第7号 1975年
「10世紀ビザンツ皇帝の帝国統治と古典活動―中世ローマ帝国の世界秩序理念について」 大月康弘 『古典学の再構築第4回公開シンポジウム』基調講演4 2000年
「シャルル6世治世におけるブルボン公ルイ2世の動向―国王と諸侯との紐帯に関する一考察―」 上田耕造 『史泉』第102号 2005年
「コムネノス朝の成立―11世紀ビザンツ帝国の政治体制―」 井上浩一 『史林』第57巻第2号 1974年
「アンドロニコス一世とビザンツ貴族」 井上浩一 『史林』第62巻第4号 1979年
「アンドロニコス一世とコンスタンティノープル市民闘争」 井上浩一 『人文研究』第30巻第9分冊 1978年
「十一世紀ビザンツ帝国におけるイエの成長と国家構造の転換―皇帝・宦官の苗字使用を手がかりに―」 井上浩一 『人文研究』第53冊第2分冊 2001年
春期連続講演会「地中海における文明の交流と衝突」講演要旨
「イスラームとビザンツ帝国」
太田敬子 『地中海学会月報』272号 2004年
「後期ビザンツ帝国における「皇族」」 平野智洋 『東海史学』第35号 2000年
「後期ビザンツ帝国における「皇族」(2)―パレオロゴス家男系傍流の問題―」 平野智洋 『東海史学』第37号 2002年
「アンヌ・ド・ブルターニュ:二度フランス王妃になったブルターニュの女公爵」 山内 淳 『日本大学芸術学部紀要』第38号 2003年
「アンヌ・ド・ブルターニュ:ブルターニュ公国再興のために」 山内 淳 『日本大学芸術学部紀要』第41号 2005年
「アンヌ・ド・ブルターニュ:フランス王国と共に」 山内 淳 『日本大学芸術学部紀要』第42号 2005年
「九世紀におけるブルターニュ支配者の称号の変化について」 大原俊輔 『文化史学』第60号 2004年
「イスタンブルにおけるビザンツ歴史遺産―教会・修道院を中心に―」 井上浩一 『COE Aチーム ミニ・シンポジウム「歴史遺産と都市文化創造―世界から大阪へ―」報告書』 2003年
「トラスタマラ内戦とカスティーリャ王権 ―ペドロ1世の〈暴君〉像の形成とエンリケ2世の即位の正当化をめぐって―」 大内 一 『Estudios Hispanicos』第20号 1995年

indexに戻る 歴史書庫TOPへ戻る

ライン